4/29潮来&北浦

「虫撮り散策記」というブログタイトル。
サブタイトルとして「ときどき釣行記」というのも付けていたのだが
最近めっきり釣りに行く機会が減少
よってサブタイトルは削除

とはいうもののせっかく釣りに行ったので今回は釣行記です。
長年の釣りパートナーのT君とブラックバスを狙います。

場所は茨城県潮来
早朝は深い霧に包まれて10m先も見えないような状態
少し肌寒いなか釣りスタート

90年代に散々通った常陸利根川
昔はかなり釣れた場所も今は・・・

一応いつもここからスタートするので半分ダメ元で釣り開始
すると開始10分もたたないうちにフィッシュオン!

30センチクラスのブラックバスゲット
考えてみれば5年振りに手にするブラックバス
嬉しいのでちょっと顔だし
RIMG0002_R2.jpg

その後は全く反応なし
ここは切り上げて川尾池に移動

RIMG0004_R2.jpg

川尾池にも何人か先行者はいるものの、魚の気配は感じられず早々に切り上げ
寂しいので近くにいたイタドリハムシを撮影
RIMG0015_R2.jpg

次に北浦(潮来マリーナ)へ移動
ここはまだまだ深い霧に包まれていました。
RIMG0017_R2.jpg

昔は多くのアングラーで賑わい、ボートハウスや飲食店、ホテルなどもあった場所
それらの施設はすべて閉鎖されとてもさびしい限り

場所が寂しいからか釣果も寂しく桟橋を丹念にたたいて行ったが生命反応無し
ここでも足元にいたベニカミキリを撮影
RIMG0025_R2.jpg


その後行った与田浦も全くダメ
時間はすっかりお昼に

一体魚はいるのだろうか?
疑心暗鬼になった中年おじさん二人が考えたのは「リアルベイト作戦」
途中でリアルベイト(いわゆるミミズ)を購入し、なりふり構わず魚の存在確認をすることとした

もといた常陸利根川に戻りさっそく「リアルベイト作戦」(餌釣りとも言う)を開始
すると投入即ブルーギルがヒット!
RIMG0033_R2.jpg


もうほとんど入れ食い状態
あっと言う間に10匹以上のブルーギルを釣り、十分すぎるほど魚の存在は確認できた。
途中からはワームに切り替えて数匹のブルーギルを追加し、一応ルアーマンとしての面目は保った

最後にダメ押しとしてT君がアメリカンキャットフィッシュをゲット
RIMG0035_R2.jpg

RIMG0038_R2.jpg


ブラックバスが釣れなかった鬱憤も晴らすことができ、それなりに楽しい釣行でした。

潮来周辺は3.11の影響によっていたるところで液状化の被害が出ていました。
RIMG0047_R2.jpg

RIMG0050_R2.jpg


1年以上たったいまもこんな有様です。
改めて被害の甚大さを実感しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント