富士山麓終盤戦

カミキリシーズンも終盤戦

今回は富士山麓でイガブチ、ムナミゾなどを狙ってみた


まずは鳴沢近辺

僅かに残るノリウツギやリョウブの花を狙ってみる

ノリウツギは全くカミキリが居ないがリョウブを掬っていると狙い通り入った

イガブチヒゲハナカミキリ(初見)
P8060728_R1617.jpg

オスのイガブチヒゲはブチヒゲと判別が難しいが、前胸の微毛が少なく、後肢腿節が湾曲してやや短いのが特徴なので本種で間違いない

現場での撮影に失敗したので、自宅お持ち帰りで撮影し直し
P8070760-1_R1617.jpg

P8070765-1_R1617.jpg

出来ればメスも欲しかったところだが、撮れただけでも今回は良しとしよう

結局リョウブに来ていたのはこれだけ

あとは近辺で目ぼしい草木を適当に掬っていたら

ホソキリンゴカミキリ
P8060659_R1617.jpg

一瞬、初見のリンゴか!と喜んだけど既知種だった

近くにあったクルミ掬ったらこれ落ちた

フタモンアラゲカミキリ
P8060709_R1617.jpg

小道を進んだらよさげな土場があったので、さっそく調査
IMG_0363[1]_R1617

よく見ると、ロザリアがそこらじゅうに居る

ルリボシカミキリ
P8060677_R1617.jpg

P8060684-1_R1617.jpg

P8060688-1_R1617.jpg

IMGP0113-1_R1617.jpg
日本に数多居るカミキリの中でもずば抜けて存在感のあるカミキリだ
不思議と毎年終盤戦の頃に出会う

粗朶を叩くと見たことないカミキリ発見

シロオビチビカミキリ(初見)
P8060733_R1617.jpg

P8060738-1_R1617.jpg

この辺りだと広葉樹の粗朶に居る普通種のようだが、意外な感じで初見追加

その後は樹海でパキピド、林道でムナミゾ探索をしたがNULL

ムナミゾは遠方から来ていたカミキリ屋さんが一匹確保していたので居るのは間違いなさそう

こちらは近いうちリベンジ

おしまい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント