今年はヒラヤマ探しから

Spring has come!

と書いたけど、ももう4月半ば(汗)

大変ご無沙汰の更新

今年もよろしくお願いいたします

さて、今シーズン始まるにあたり、今年はどんなテーマで臨むか考えていた

カミキリ中心であることには変わりないが、マクロ撮影を少し進化させてみようかと・・・

昨年春にご一緒した「へなちょこ何でも写真」の旅姿さんのスーパーマクロ機材での撮影が頭から離れず

いつかあんな写真が撮りたい

じゃあ、やってみるべ!

ってことで中古機材をかき集め

こんなものを用意しました

IMG_0586[1]_R1701
EOS X5に前玉を外したズームレンズ、中華製のチャンガラスレーブストロボ2灯

焦点距離は約30ミリ!(短か!)

ほぼ全ての昆虫が逃げ出す距離!

もしくはポトリ

しかもフラッシュのアームが邪魔くさい

こんなんで撮れるの???(汗)

なんのなんの、相手が10ミリ以下で逃げなきゃ撮れます、逃げなきゃ(汗)

そんでもってうまく撮れるとこんな感じ
IMG_7498-1_R1701.jpg
F値25、IOS400で露出補正-5

通常ならありえない設定だけどうまくいけばここまで鮮明なノイズの少ない絵が撮れる

ほかにはこんな写真も
先週撮ったコボトケヒゲナガコバネカミキリ
IMG_7623-1_R1701.jpg
キラキラ感を出そうと思い、アルミホイルを背景に使ってみたけど、なんか雑な感じ

アカスジキンカメムシの幼生
IMG_7592_R1701.jpg
こちらは左からのフラッシュが強すぎ
この辺の加減が難しい

色々条件がそろわないとなかなか良い絵は撮れない

現場でこれを持ち歩くのは結構負担だけど、小さなカミキリやタマムシなどの撮影で今後活躍することを祈る

旅姿さん、色々ご指導ありがとうございました




さて、カミキリシーズン序盤はいつものヒラヤマ探しから

毎年の恒例行事のようになってきたが、一昨年のポイントはすでに終わってる

っで、今年は新規開拓

とは言え、ネットで探してもヒラヤマの詳しい場所なんて誰も載せないし

こうなれば自らの知識と感が頼り(大体外れる)

というわけで今回は相模原の某所を探索

まずは周辺の散策路を見まわしたがこれといったアカメガシワは見当たらない

車で移動しながら谷筋を中心にアカメガシワを探していると、数本のアカメガシワを発見

そのうち一本はいい感じの洞もある

覗いてみると


いた!ビンゴ!

ヒラヤマコブハナカミキリ
IMG_7709-1_R1701.jpg

洞の奥は撮影出来ないので、取り出してヤラセ生態

IMG_7714-1_R1701.jpg

擦れのないメス
IMG_7720-1_R1701.jpg

やっぱヒラヤマはいい!
IMG_7728-1_R1701.jpg

自分で探したポイントで見つけるのは気分も良いものですね

その後オスの追加も狙ったものの居たのはこの一匹のみ

でも周辺には大きなアカメガシワが数本あるので、毎年期待できそうな場所だ

カエデもいくつかすくってみたものの、入るのは普通種ばかり

まあこんなもんかな

★今日のカミキリ★
ヒラヤマコブハナカミキリ
キバネニセハムシハナカミキリ
ヒナルリハナカミキリ
ヒメクロトラカミキリ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
たけぞーさんも超マクロを導入ですね!
色々と扱いが難しいですが、等倍マクロではありえない倍率で撮れるには嬉しいですね。
私はまず無難に100mmマクロで撮影し、気持ちと時間に余裕があれば
超マクロで撮るようにしています(笑)

Re: No title

umajinさん

コメントありがとうございます。
遂に超マクロに手を出してしまいました。
捕虫網&ビーティングネット&超マクロシステムだと機動力が大幅に削減されるので
ご指摘の通り、時間と気持ちに余裕がないと現場で撮影は難しそうです。
でも等倍以上の撮影は魅力的ですね。

No title

こんばんは。
先ほど“雨の国 石垣島”から帰ってきました。
出発前もバタバタしており、こちらの記事に気が付いておりませんでした。
私もこのアームのヘタレ具合には参っています。
知らないうちにストロボが被写体直なんて事が頻繁で。。。
でも仰る通りハマればいいが画が撮れるので、ついつい使ってしまいます。
使用頻度を高めて慣れてみて下さい。

ではでは。。。。。。や

Re: No title

旅姿さん

こんにちは、コメントありがとうございます。
なんか石垣大変だったみたいですね。記録的大雨の日に当たるとは引きが強い(?)
確かにアームのヘタレは何とかしないと、撮影に支障をきたしますね。
なんとか使いこなしてみます。