5/19 ラミーカミキリ

今回は久しぶりに麻生区黒川周辺を観察することにした。

僕が昆虫撮影を始めた原点となる場所
近所の虫たちから始まり、黒川、多摩丘陵各地、そして現在もその行動範囲は広がっている。

かつて住んでいた場所なので一年を通して季節ごとの変化を体感しながら、見守ってきた場所
今の季節ならここにこんな虫がいるだろうと想像がつく唯一の場所です。

とはいうものの、この辺は宅地開発地域。一年前の状況とまた違った変化もあるかもしれない。
今日ははるひ野駅前から「よこやまの道」を経由して「よこやま緑地」そして三沢川の源流域である黒川周辺をじっくり観察してみた。


現在のはるひ野小中周辺
RIMG0191_R17.jpg

2009年当時のはるひ野小中学校周辺
P1000722_R17.jpg

写真の角度がちょっと違うけど、3年でこんなに変るもんですね

それでも周辺の緑の保全は比較的充実しているため、人が虫と触れ合う環境は多い所です。

さて昆虫観察の結果としては、この時期としては蝶類が少なかったかな
アゲハチョウ以外の黒系アゲハの仲間はほとんど見られなかった。

アゲハチョウ
RIMG0089_R17.jpg

クロヒカゲ
RIMG0136_R17.jpg

ヒメウラナミジャノメ
RIMG0284_R17.jpg

コチャバネセセリ
RIMG0207_R17.jpg

ルリシジミ
RIMG0181_R17.jpg

トンボ類もシオカラトンボは多く見られたものの、イトトンボ類はまだ発生していないようでした。

シオカラトンボ♂
RIMG0159_R17.jpg

ヤマサナエ(でしょうか???)
RIMG0193_R17.jpg

今回最大の収穫はラミーカミキリ
黒川でラミーカミキリを見つけたのは初めて、しかも数が半端ない
ヤブマオの葉の上で休んでいる個体が多く、目視できただけでも20匹くらい。

緑白色と黒のコントラストとマットな色合いが素敵
RIMG0217_R17.jpg

こんな感じでそこらじゅうにいました
RIMG0245_R17 - コピー


RIMG0220_R17.jpg

やっぱりいいですねラミーカミキリ
RIMG0239_R17.jpg

その他、こんな虫とも出会えました。

コメツキムシの仲間
メスをめぐってのオスのアピールタイムにお邪魔したようです。
RIMG0186_R17.jpg

カイガラムシの甘露をねだるアリ
RIMG0112_R17.jpg


アオオサムシ
今日はかなり見ました。本当はまだ見たことのないクロオサを見てみたかった。
RIMG0121_R17.jpg

オオヒラタシデムシ
アオオサを探しているとそこらじゅうに・・・あんまり気持い虫じゃないですね
RIMG0139_R17.jpg

ヒゲナガハナノミ
このあたりは谷戸の湿地帯なので今の時期はヒゲナガハナノミが多く見れます。
RIMG0167_R17.jpg

ナミガタチビタマムシ
RIMG0264_R17.jpg

クリアナアキゾウムシ
RIMG0202_R17.jpg

サビキコリ
RIMG0228_R17.jpg

アトジロサビカミキリ
RIMG0254_R17.jpg

アカスジキンカメムシ(五齢幼虫)
最近必ず見かけますね
RIMG0274_R17.jpg

チャバネアオカメムシ
RIMG0291_R17.jpg

クサギカメムシ
RIMG0251_R17.jpg


撮影散策の最後にこんなものもいました


白いアマガエル
RIMG0267_R17.jpg

白色変異だと思うけどかなり珍しいのでは???

なんかいいことありますように
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!

いろいろ見られましたね!
アカスジキンカメムシの終齢幼虫はほんとに、今良く見かけますね!
成虫もこれくらい見られると嬉しいのですが、何故か成虫になると年1,2回しか出会えません。
最後のカエルですが、アマガエルは保護色になるので、葉の上にいれば緑なのですが、木の幹や枯れ葉の上にいると茶色になります。
どれだけの色素があるかは知りませんが、今度捕まえて実験してみたくなりました。(^^)v
赤や青は難しいかも知れないけど、黄色ならかなり綺麗になりそうな・・・。

ゆたかさん

こんばんは

実はアカスジキンカメムシの成虫はまだ一度しかお目にかかったことがありません。今年は毎回幼虫発見しているのでなんとか見つけ出したいですね。桜ケ丘公園のある場所で相当な数を見かけたので時期が来たら集中的に探してみます。

アマガエルって保護色になるんですね。
体色変異では無いですか・・・
白いヘビじゃないですが、縁起はよさそう・・・かな?