7/27 オオムラサキの森

いよいよ夏真っ盛りです
RIMG0140_R26.jpg


連日の猛暑ですっかり夏バテ気味だが、虫撮りとなれば暑い夏などなんのその

っと言うわけで猛暑の中、山梨県北杜市まで久しぶりの遠征

目的はオオムラサキの撮影と運が良ければルリボシカミキリの撮影

北杜市のオオムラサキセンターからオオムラサキ自然観察路を歩いてみた。

早速、民家の柿の木で食事中のオオムラサキ発見
RIMG0085_R26.jpg

RIMG0101_R26.jpg

ちょうど発生のピークに当たったのだろうか、森に入るともうそこらじゅうオオムラサキだらけだ

さすがオオムラサキの里を名乗るだけのことはある。

自然歩道は比較的平坦で森の樹木も松を中心に多彩、とても見ごたえのありそうな散策路

オオムラサキと同じく発生ピークに入ったと思われるアカハナカミキリ
RIMG0109_R26.jpg

ここにもいましたアカスジキンカメムシ
RIMG0097_R26.jpg

初見のカミキリを発見!
ヨツキボシカミキリ
RIMG0151_R26.jpg

こちらはヒメヒゲナガカミキリ
RIMG0186_R26.jpg

繁殖行動中のオオムラサキのペアを発見
RIMG0224_R26.jpg

撮影してる僕のズボンに移動して引き続き雌雄のにらめっこ
RIMG0226_R26.jpg
オオムラサキは比較的警戒心が薄いのか何度も体に止まってきた

とにかく植物相が多彩な森なのでじっくり見れればいろんな虫が居そうな場所

道すがら大きな土場や粗朶もたくさんあったのだが、いかんせん暑すぎる・・・

土場周りではタマムシを発見しただけ
RIMG0199_R26.jpg

いつもならじっくり探すような場所でも探索が雑になってしまった。

最初の目的地である中間地点のあずま屋で休憩をとって作戦を考えているとひらひらと青い物体が目の前を飛んで行った。間違いなくルリボシカミキリだ!

急いで後を追ったが民家の軒先に逃げ込まれた。さすがに人の家に入るわけにもいかず泣く泣く捜索断念

でも間違いなくこの場所にいることが分かった。薪が多く積まれたその場所は絶対に繁殖に集まる場所と確信し

しばらくこの場所で張り込むことにした。


待つこと30分、別の場所から薪に向かってルリボシが飛んできた

ルリボシカミキリ(天牛)
RIMG0241_R26.jpg

苦節3年、この美しいカミキリに出会うことを一つの目標に始めた昆虫撮影

時間がかかった分、言いようのない達成感だ

いったん捕まえてみた。
RIMG0248_R26.jpg
このまま記念にお持ち帰りしようかなあとも一瞬よぎったけど、やはり生まれた地で生きていくことが一番。

撮影協力に感謝してリリースした。



大きな目標を達成して、あとは樹液酒場にでも集まるオオムラサキでも撮りたいなあと森の中を歩いていると

まさにその樹液酒場に遭遇

上から下までオオムラサキだらけだ。軽く50匹はいた
RIMG0270_R26.jpg

森の王者の前では遠慮気味のオオムラサキ
RIMG0256_R26.jpg

帰り道、こんな蝶も撮影

ホソバセセリ(初見)
RIMG0205_R26.jpg

スジボソヤマキチョウ(初見)
RIMG0305_R26.jpg

珍しくはないが初めて見たウバタマムシ
RIMG0318_R26.jpg

炎天下のなか約5時間、2万歩近く歩いたので体はヘトヘトだが、思い出に残るひと夏の撮影となった。
RIMG0143_R26.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます