8/13 カミキリ散策 Part2

富士林道から韮崎まで移動して、後半は夜行性カミキリの採集

夜行性のカミキリはほとんど見たことがないので楽しみです。

今回は台場クヌギのある場所で樹液に集まるカミキリ類をひたすら待つ作戦

まだ日が高い時間に到着し場所をポイントの木を確認するとすでに大型のカミキリが樹液に集まっている

ウスバカミキリ(初見)
IMG_4853_R14082.jpg

ミヤマカミキリ(初見)
IMG_4837_R14082.jpg

昼間林道で見かけたカミキリと比べると断然立派な体格

暗くなってくると今回のお目当てのやつもやってきた。

アカアシオオアオカミキリ(初見)
IMGP8907 (2)_R14082

暗くてうまく撮れなかったので改めて自宅で撮影
IMG_4868_R14082.jpg
ちょこまか動き回るので黒酢を染ませたティッシュで動きを止めて撮影

体臭が変わっていて、ミントと柑橘類の香りをミックスしたようないい匂いがする

ほかにも

ホソカミキリ(初見)
IMG_4861_R14082.jpg

シロスジカミキリ
IMGP8909_R14082.jpg

一通りの夜行性カミキリは見ることができたが、アカアシオオアオの発生はいまひとつだった

カミキリを待っていると、カブト、クワガタ狙いの親子連れが入れ替わりやってくるので結構有名なポイントの模様

ただカミキリは不人気で持っていく子供はいないですね

今回は朝から夜遅くまでカミキリ三昧の一日でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント