4/18 ヒラヤマ@高尾山

今年は4月に入ってから関東地方は気温も低く、雨が多い

せっかくの春の虫撮り散策もお天気同様停滞気味

とはいえ週末は何かしら撮影散策に出かけている

ヒラヤマコブハナカミキリは今年の春カミキリの第一ターゲットとして3月中旬、4月初旬と二回の探索を敢行したもの

その姿を捉えることことが出来なかった。

カミキリ散策中心になる以前、小下沢の現場で出会ったカミキリ屋さんと採取したのが三年前

今年こそはと今シーズンは気合を入れて探してんだけど、どうも相性が悪いようだ。

今回はかなり詳細な情報を知り合いのIさんからいただき、いつものEさんと今回は高尾山でリベンジ。





朝8時前、高尾山口到着

天気も良く、気温も高め。最高の散策日和といったところ

高尾山のふもとは楓の花も咲き始め

さっそく掬ってみたいところだが、それは後半に置いといて、まずは苦手な登山でヒラヤマの現場に向かう

現場につくととある林道の斜面にアカメガシワが数本確認できた。

このうち大きな洞があるのは2本

いかにもヒラヤマ様が鎮座していそうな洞だ
RIMG0260_R1504.jpg

すべる斜面に気を付けながら中を凝視する

とにかくじっと覗く

待つこと10分。

出てこない・・・・・

仕方なくタバコの煙で追い出し作戦

待つ

さらに数分待つ

出てこん・・・・

なんで?

居ないの?

おかしいぞ?

まさか昨日他のカミキリ屋に叩かれた後かしらん?

これ全部出がらしの洞なの?

その後も斜面を滑り落ちること数回、2時間近くアカメガシワの洞と格闘を続けた

普通ならここでギブアップするところなのだが、今回はあきらめきれない

確実な情報をくれたIさんにも申し訳ないし、なにより登山までして来たのに簡単に引き下がれるわけもない

さらに粘ること30分

最初に見つけた洞を覗いていたEさんがついにヒラヤマ発見!!

とにかく撮影せねばと一眼片手に現場に向かう

暗い洞の中に確かにヒラヤマ様がおる!

斜面に足を取られながら必死にカメラを向けるもの、暗くてファインダー越しに被写体を追いきれない

カメラの設定をあれこれいじっているうちになんとヒラヤマ様は洞の奥深くへ・・・・

ああ~、やべ~、Eさんの初ヒラヤマを痛恨のロスト。

ごめんなさい

しかも必死のパッチで撮影した画像はこんな有様

RIMG0245_R1504.jpg

ケツしか見えん!!






益々このままでは帰れなくなった

ただ洞にいることはこれで確認はできたので再びやる気は出てきたぞ

今度は下斜面にある比較的撮影ポジションが取りやすいアカメガシワで張ること数分

なんとこっちの洞にもヒラヤマ様が現れた!

なんという神の思し召し!!

もう失敗できないのでコンデジ(CX-6)に持ち替えて撮影

ヒラヤマコブハナカミキリ
すきまからひょこり出てきたところ
RIMG0248_R1504.jpg

やっぱかっこいいぞ
RIMG0251_R1504.jpg

さっきのロストの借りも返せたし、しっかり生態も撮影できたので一安心

その後もしばらく粘ってはみたもの再登場は叶わず、下山

高尾山口に下山したころには運動不足のおっさん二人の足はがくがく

でも念願のヒラヤマ再会が果たせてよかった、よかった

後半に続く
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント