3/20 材採集ほか

みなさまご無沙汰しております。

もうすぐ2016年シーズンもスタート!

昨年は92種の初見カミキリが撮影出来、通算179種まで伸ばすことが出来ました。

ことしは春先には200種到達、今年中に230種くらいまでいけたらいいなあって感じですかね。

あと昨年からテスト的に始めた樹脂標本作りを本格的にスタートするので、美麗種・珍品については採集もやる予定。

去年試行錯誤の上、完成した樹脂標本
IMGP9542_R1601.jpg
写真移りはご勘弁

普通の標本より管理が楽だし、空気に触れない分退色が抑えられる効果があると思うが

どの程度退色制御できるかは経年変化を見てみないことにはわからない

なんて感じで今年はいつ頃スタートしようかと考えていたらJGeekのItaさんより入電

「身延で材採やりませんか~」

昨年まで材採には全く興味がなかったが、結構皆さん材で種数を稼いでいるのを見て羨ましくは思っていた。

まあ半年間虫見てないし、オオトラのロケハンや運動不足解消もかねてお誘いに乗ることとした

今回は前回の身延メンバーでもある、Eさん、フナバシクワガタ2の640さんの4人

材採集なのでカミキリ生態写真はないです。

集めた材はこんな感じ

IMG_0076_R1601.jpg

左からオニグルミ、アケビ、アブラチャン、モミ

ほかにも樹種のわからない材を少々

特に期待できるのがオニグルミ

昨年Eさん、Itaさんがクリブラータの入ったオニグルミ材を拾ったポイントなのでクリブラータ(フタスジゴマフカミキリ)はもちろん

ブロイニング、オニグルミキモン、ジュウジクロなどどんなのが出てくるのか楽しみだ。

今回もItaさんの事前リサーチで河川敷にあるグミ材を採取してハットリイ(クロツヤヒゲナガコバネ)の確保も狙ったが

グミが見つからない(というかどれかよくわからない)ため諦め

オオトラロケハンがてらモミ近くのヒノキでトゲフタオタマムシの成虫も捜索したがこちらもNull

まあ仕方ないか・・・

おしまい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント